INTERVIEW社員インタビュー

実際に働く社員たちは仕事の中で何を感じ、何を思っているのか。 会社、仕事、仲間…。率直な意見を聞きました。

沿岸作業員 K.Mさん 入社26年目49歳

フォークリフトの技術は社内でもトップクラス。社内はもちろん、元請様からの信頼も厚い頼れる男。話すと陽気で楽しい3児の父。

入社のきっかけは何ですか?

前職は調理師でした。退職後は大井ふ頭をトラックで回る仕事に従事しており、フォークリフトで働く人を見かける機会が増え憧れを抱くようになりました。その後、親しくしていた東京港運の方に声をかけて頂いて入社しようと決めました。

入社の決め手となったポイントは何ですか?

憧れていたフォークリフトオペレーターになれるので頑張ってみようと思いました。

入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

実は港湾関係の作業会社はもっと雑なイメージがありました。しかし、実際は福利厚生はしっかりしていて、給料も実働分をきっちり貰えるので、入社前に抱いていた不安は、今ではとてもいい会社だという確信にかわりました。

主にどのような仕事をしていますか?

輸出入の貨物を扱うフォークリフトのオペレーターをしています。手の足りない現場には、仲間を助けるため応援に行くこともあります。

仕事のやりがいは何ですか?

身につけたフォークリフトの技術をいろいろな現場、いろいろな貨物で発揮する事。一つ一つやり方の違う貨物を捌いている時にやりがいを感じます。

これまで一番苦労した仕事は何ですか?

高額な貨物を扱う仕事を任されたときです。何千万円もする機械を関連企業の方々の立ち合いのもと、操作するときは今まで感じたことのないようなプレッシャーでした。しかし、今までの経験と技術を信じて自信をもって臨みました。

他の社員とどのようなコミュニケーションを図っていますか?

休憩中は仲間とプライベートな話やとりとめのない話をして盛り上がっています。飲み会などもありますし、同じ会社の仲間だけではなく、他社の方との交流もあります。

仕事とプライベートの両立はできていますか?

しっかりとできています。私の現場は基本的に週末が休日になります。家族と外出や食事など時間はしっかり取れています。趣味の時間もつくれるので、心も体もリフレッシュして、仕事に集中することができます。

会社の一番の魅力は何ですか?

しっかり仕事をやれば、会社も正当に評価してくれます。頑張って働いた分は、しっかり給料に反映されます。サービス残業などはないため、モチベーションは良い状態で保たれ、常に安全作業に集中できる環境があります。